ホーム メニュー
昭和43(1968)年設立以来、地元新宿区早稲田を中心に首都圏550余棟の住宅・マンション・オフィスビル・工場を建設の実績!建築とリフォーム・リノベーションの小原建設

受付時間 平日 9時00分~17時00分まで

フリーダイヤル0120-160-586
無料見積依頼はこちらまで

新築工事現場ルポ UNDER CONSTRUCTION新築工事現場ルポ UNDER CONSTRUCTION

トップ実績紹介 新築工事現場ルポ > (仮称)朝日リゾートプロジェクト 基礎配筋工事と安全パトロール!

小原建設の取り組み

正社員募集

防水・タイル・雑金物・金属・左官・木製建具・電気設備・給排水衛生設備・空調設備各種工事協力業者募集

新築物件ギャラリー

リフォーム知識診断(全10問)

新築工事現場ルポ

第三回(仮称)朝日リゾートプロジェクト新築工事 ルポ
基礎配筋工事と安全パトロール!

2020年2月7日、現場では根伐り工事と斫石敷込工事が完了し、捨てコンクリート打設工事後の基礎配筋工事に進んでいました。

鉄筋は圧縮には弱く、引っ張りには強いと言う性質を持ち、コンクリートは反対に圧縮には強く、引っ張りには弱いと言う性質を持っています。
コンクリートの中に鉄筋を入れることで、圧縮にも引っ張りにも強い部材を造ることがRC造の特徴の一つです。

  • 配筋作業現場
    配筋作業現場
  • 配筋作業現場
    配筋作業現場

配筋工事の目的とその理由

配筋工事は、鉄筋と呼ばれる鉄の棒を配置し、組み立てることを言います。 鉄筋は、人間で言う骨と同じような役割をはたします。鉄筋を組んだ後は、その周りにコンクリートを流し込む為の型枠を作ります。
その後、コンクリートを流し込みバイブレーター等を用い、隙間が出来ないようにします。
コンクリートに鉄筋が入る事で、コンクリートが伸縮やねじれに強くなりコンクリート単体よりも頑丈な部材となるのです。地盤面となる部分まで、すでに鉄筋が敷き詰められ、型枠の建て込みを待つかのように鉄筋が組まれています(鉄筋一色と言った感じです)。降りてみると、胸くらいの高さまで鉄筋が組まれていました。

  • 配筋状況
    配筋状況
  • 配筋の高さ
    配筋の高さ

この配筋は、建物毎の構造設計によって使われる鉄筋の太さや量、長さ、配置する場所や配置する間隔など細かく指定されています。写真は鉄筋とタグになります。鉄筋にはタグが付いており、鉄筋の種類や使われる場所、サイズなど詳細な情報が記載されています。

  • 鉄筋
    鉄筋
  • 鉄筋のタグ
    鉄筋のタグ

配筋作業の紹介

組み上げられた鉄筋を良く見ると針金が各所にまかれています。この針金を結束線と言います。
組まれた鉄筋が、コンクリートを流した時にずれないように固定(結束)する目的でまかれます。

鉄筋の結束
鉄筋の結束

使われる結束線は箱詰めされ、かつ束ねられた状態で納品されます。
鉄筋を結束される道具にハッカーと言ったものが使われますが、最近では電動工具の鉄筋結束機が見られるようになりました。

  • 結束線
    結束線
  • 筋結作業
    筋結作業
  • 鉄筋結束機
    鉄筋結束機

現場の安全対策を確認する安全パトロール開催

2020年7月13日に紹介した小原建設サークル活動3『安全パトロール』の記事で紹介しましたが、撮影当日に安全パトロールが行われました。

  • 状況確認
    状況確認
  • 状況確認
    状況確認
  • 状況確認
    状況確認

参加したのは小原建設から社長・工事部長・現場担当者・中込顧問、そして協力業者3社から代表1名ずつの計7名です。現場のあらゆる箇所を確認(危険予知)し、職人さんからのヒアリングも含め、チェックシートに記録されます。
是正ポイントの有無や改善項目等が記録され、情報の共有化が図られています。

  • 状況確認
    状況確認
  • パトロール終了
    パトロール終了
  • チェック項目記入
    チェック項目記入

動画で見る『基礎配筋工事と安全パトロール!』

いかがでしたでしょうか。
配筋作業には、配筋を組立てと結束線と呼ばれる針金を各所に巻いていくという細かな作業がありました。このひとつひとつが正確に行われる事によって建物の安全と品質の高さが補償されることが分かりました。
次回は、基礎配筋にコンクリートを流し込む作業(打設)を紹介します。

新築・リフォームでのお悩みは、お気軽にご相談ください!

『小原建設』では、お客様に対して責任を持ち、快適な生活を送って頂けるように、営業担当者・設計担当者・工事担当者がチームとなって、お客様をサポート致します。
新築・リフォームを問わず、ご不安があれば、ご気軽にお声掛けください。

記事一覧

ご質問・お問い合わせに弊社スタッフが丁寧にお答えいたします。お気軽にお電話ください。時間外のお問い合わせはEメールをご利用ください。 受付時間 平日 9:00~17:00 フリーダイヤル0120-160-586 こちらをクリックするとサイトからお問い合わせをすることができます。

▲ページのトップへ